無意識下で行われる消費者行動を「見える化」

アイトラッキングで得られたデータは、ビジュアルデータや表・グラフデータといったわかりやすい形で表現することができるため、プレゼンテーションとしてもそのままご利用いただくことが可能です。

アウトプットイメージ

・対象者の実際の視界、視線の動きを記録した動画

・対象物ごとに測定結果を静止画ベースでビジュアル化

・標準パターンとして5種類

(ヒートマップ、平均滞留時間、関与度合、往来・再往来、視線遷移)