感性分析の特徴

①人間が刺激を受けた際に、もっとも素早く反応し、かつ、意識的なコントロールが不可能な瞳孔径変化を解析することで、瞬間的な情動反応(注目度合い)を把握できる。

②刺激を受けて顔に表れる表情反応を解析することで、感情度合いを把握できる。

この調査により明らかになるのは以下のような内容です。

  • 関心の発生と変化
  • 快/不快反応の発生と変化
  • 6つの感情指標に基づいた感情の発生と変化


アウトプットイメージ